フリーダム嫁は実際には何歳なのか?

いままでいろいろと考察や疑問を記事にしてきたが、フリーダム嫁の実際の年齢についてはまだ触れていなかったので、今回はこれについて考察してみたいと思う。

このサイトで作ったフリーダム嫁時系列の年表も、上記のツイートやキャスなどでの発言にあった25歳を元にして、フリーダム嫁の誕生月とされる6月以降に年表作成をしていることから、2019年11月時点では26歳だろうという仮定の上で、遡って出来事を当てはめたものになっている。

しかし、フリーダム嫁の発言と年齢がどうにも噛み合わないことも見受けられるため、別の基準を用いることにした。

「子供の頃に見た」という発言を基準にするとフリーダム嫁は30歳!?

まずは該当記事を参照して頂きたい。参照記事:https://bit.ly/2X3HjhY

こちらは2017年6月7日の記事なのだが、この中で、フリーダム嫁の旦那が「ダイレンジャーの本拠地はどこ?」というクイズを嫁に出している。それに対しての嫁の答えが「そんなん知らんし。子供の頃に見たやつだもん」と答えている。

ここで言っている『ダイレンジャー』とは『五星戦隊ダイレンジャー』のことであり、wikiによると放送時期は1993年の2月19日から1994年2月11日とのこと。

このまとめで作ったフリーダム嫁の年表では、嫁の生まれた年を1993年としておりTVでの放送時期には生まれたてだったことになっているので、いつダイレンジャーを見れたのかも疑問の一つになっている。

通常の家庭であれば、レンタルビデオという可能性も考慮できるが、TVを自由に見れた幼少時の嫁が暮らしていた寺の経済事情はあまり良くなかったらしいのと、田舎過ぎたという点からフリーダム嫁はレンタルビデオでダイレンジャーを視聴したという可能性は考慮しにくい。

という事は、TVで見たと考えるのが自然なのだが、毎年新作品を公開している戦隊モノは仮に再放送だったにしろ直近の作品はなかなか選ばれにくいらしく、自分も最新作が公開されている頃に、別の時間帯で一年前の作品が放送されているというのは目にした記憶がない。

そして、もう一点。我々人間は、幼い頃の記憶を覚えていたとしても、そのほとんどが3歳半くらいまでの記憶で、それより以前は忘れてしまうことが多いと言う。

これら二つの要素から、幼少時の記憶として残る年頃にダイレンジャーを見たということで、ダイレンジャー放映時にフリーダム嫁は4歳だったと仮定したい。

そうなると生まれたのは1989年の6月という事になり、2019年11月時点の年齢は30歳ということになる。

30歳と26歳ではその差は4歳。フリーダム嫁が30歳として年表の並びを考えると、生まれてから児童相談所を経て一人暮らしを始めるまでの期間は西暦がずれるだけで問題はない。

それ以降、30歳の場合は入籍をしたのが28歳時点、旦那と付き合って(セフレ期間込)3年で結婚という本人の発言を元にすると付き合い始めたのは25歳時点となる。

先に作った年表ではフリーダム嫁の一人暮らし開始は17歳で、旦那と出会ったのは21歳、初めて体の関係を持ったのは22歳時点、入籍したのが24歳時点ということでまとめているが、交際期間が1年足りていない。

年表を作る際に参考にしたのが、2018年時点の記事で「結婚して1年、付き合って3年」という発言があり、そこから計算すると付き合い始めたのは2014年となる。参照記事:https://bit.ly/32Bg1Rk

しかし、年表の方では2014年は旦那と知り合った年で付き合うどころか肉体関係にもいたっていない。ここが年表を作る上での妥協ポイントにもなっているのだが、二人目の彼氏との交際期間とメチャ子が家を出ようとした理由を合わせようとすると、年表に綻びが生じてしまうのである。

メチャ子が家を出たキッカケと、年表に問題が生じ始める時期

まず、メチャ子が家を出た理由を見てみよう。参照記事:https://bit.ly/33s6ZX5

この2019年7月20日の記事によると、メチャ子が家を出ようと思った理由は二つあり、一つは20歳になったから。もう一つは、祖父が彼女と同居するようになり家にいるのが気まずくなったことだ。

フリーダム嫁とメチャ子は成人式に共に参加していることから同学年なのは間違いないので、先に作った年表ではメチャ子と嫁がルームシェアを始めた時期を20歳になる年の19歳の時期にしている。

そして、このルームシェアの開始と、二人目の彼氏との別れは同時期の出来事なのである。

成人式に参加する時点ではメチャ子とのルームシェアは解消しており、この後、三人目の彼氏と付き合うも半年ほどで分かれフリーダム嫁は会社の寮に入ることになる。

この時点でのフリーダム嫁の年齢は年表の上では21歳。フリーダム嫁が26歳設定でも30歳設定だとしても、ここまでは西暦のズレ以外に大きな変化はない。

問題はここからだ。

年表では21歳で旦那と知り合ったことにしている。これは、そうしないとフリーダム嫁観察日記が始まる年に間に合わなくなってしまうからだ。

嫁が21歳の時点で西暦は2014年の9月。嫁の年齢を26歳として、メチャ子と参加した成人式を基準にすると本編開始まで残り2年しかないのである。

繰り返しになるが、フリーダム嫁と旦那が入籍したのは2017年8月。なので前述の「付き合って3年、結婚して1年」という発言を信じるのなら、この時点で付き合い初めに至っていなければならない。

これでは作品内と時間を合わせるのに相当無理が生じるが、キャスで発言していた25歳という年齢も、作品の内容も実録なのだから、どうにか合わせなければならない。そうでなければ、実録風にはなっても実録とはならない。

そして本人達は実録と言い張っている。

フリーダム嫁が30歳設定で生まれる空白の3年間

フリーダム嫁の年齢を2019年時点で26歳としてしまうと年表にも綻びが生じるが、仮に30歳としたらどうだろうか?

生まれたのは1989年6月となるので、21歳になる年は2010年である。

ここから順当に、旦那との出会いから始まり、セフレ期間の心の病みの悪化、付き合い始めて3年経過させたとすると、ちょうどブログが開始の頃には付き合って3年を達成している。だが、こうなると入籍するのは2017年8月なので、この時期には付き合って4年近くになっていることになる。

付き合って4年近いものを「付き合って3年」と書いてしまうのは実録に反する行為であろう。そう考えると、付き合い開始を2014年に合わせる必要がある。また、2019年5月から6月頃のキャスでの発言だったと思うが、旦那と知り合って今までで6年というものがあったように記憶している。

それを加味すると旦那と知り合ったのは2013年となり、2013年時点でのフリーダム嫁は24歳となる。

三人目の彼氏と別れたのは21歳、旦那と知り合うのは24歳。ここで3年間の空白が生じる。

いったいこの期間は何があったのだろうか?

ここで思い出して欲しいのが、フリーダム嫁が霊の出る廃屋じみた部屋を借りていた時のことと、結婚相談所での勤務時代だ。

このまとめサイトで年表を作るにあたり、幽霊屋敷のエピソードだけは時間的にどこにも組み込む余裕がなかった。しかし、3年間の空白の期間が生まれたことで、幽霊屋敷を組み込む余地が生まれたと思われた。

だが、せっかく生まれた時間的余裕も、この記事により話は変わってくる。参照記事:https://bit.ly/2Ds3hCA

記事にもある通り、三人目の彼氏と別れた当日にフリーダム嫁は会社の寮に移ったため、幽霊屋敷への引っ越しエピソードはまた行き場を無くしてしまったが、逆に会社の寮とは結婚相談所のものだったのだろうか?

バイトの紹介の際にも「嫁は本業があるから、あくまでもバイトは掛け持ち」との記述があった。そして、16歳からスーツを着て出社する職場で働いている。

仮にこの最初に勤めていた会社の寮であれば、自立援助ホームを出る際に入寮させて貰えば良かっただけの話なので、頑張って仕事をして金を貯めボロアパートを借りたというエピソード自体が無用になってしまう。

となれば、この会社と、寮がある会社は別の勤務先と考えられ、フリーダム嫁が家の人に28万円を要求された時に肩代わりした社長のいる会社が、この寮のある会社だと考えられる。

但し、この会社が結婚相談所であると断定することはまだできない。2019年11月29日時点、この社長のいる会社が結婚相談所であるような描写は見当たらないからだ。

なので、結婚相談所のエピソードも、この空白の3年間のエピソードとして断じることが出来ない。それではいったい何があったのだろう。

また振り出しにもどってしまった。しかし、何があったかは分からないが、この3年間があることで、フリーダム嫁観察日記で語られる内容の時系列に無理が無くなってくるのも事実だ。

そう考えると、フリーダム嫁の年齢は30歳として考えるのが正解なのだろうか。

フリーダム嫁ブログ開始時に嫁が27歳だとしたら

ここから先は、フリーダム嫁が30歳という前提で話を進める。

まず、ブログ開始時の年齢は27歳になるのだが、ご存知の通り、フリーダム嫁観察日記開始当初は、嫁のフリーダムな行動が記事のネタとなっている。

そして、比較的、嫁の幼児的な部分を描いたエピソードも多い。それらの行動を27歳の女性がしていたと考えると、これを読んでいる皆さんはどう思われるだろうか?

また、電車に包装もされていないぬいぐるみを持って乗車する27歳女性や、他の人もいる公共の場で突然奇声を発する27歳女性に対しても、どう思われるだろうか?

個人的な見解で申し訳ないが、正直痛々しく思えてしまう。

幼児的なキャラで売っている芸能人などであれば、あくまでも役柄としてのことだと理解できるが、フリーダム嫁は一般人である。彼女に対して何の情報を持っていない人が、彼女の行動を見たときに「少し変わってるな」と思ってしまうのは仕方がないことではないのか。

27歳ともなれば、それくらいの分別はついていてもいい頃である。だが、そうなると嫁のフリーダムな行動をネタにできなくなってしまうので、悩ましい部分でもあるが。

そして、このフリーダムな行動に関する記事は虐待記事が始まる30歳手前まで続くことになるのだが、それに対しての個人的な感想はこの場では控えさせていただくとする。

ただ、フリーダム嫁を30歳だと仮定すると時系列は比較的安定するし、無理が少なくなる上に、いろいろと納得できることが多くなるので個人的にはこちらが正解に近いのかなと思っている。

もちろん、フリーダム夫妻でなければ本当のところは不明なため、この記事はあくまでも考察であり、検証ではないことを念頭に置いて貰いたい。

尚、記事内で述べた「空白の3年間」に関しては機会があれば別記事でまとめたいと考えている。

それでは、ここまでお付き合いいただき感謝する。

タイトルとURLをコピーしました