フリーダム嫁の攻撃性についての考察 その4

このフリーダム嫁の攻撃性についての考察もこれで4回目だ。だからと言うわけではないが、まず最初に言わせて欲しい。

初めてですよ、私をここまでおちょくった記事は!!

今日の主題となる、『「ブサイクな女は浮気されても文句を言えない」に対して文句を言ってきてる人に返事をします』は2019年5月22日の記事である。参照記事:https://bit.ly/37E4ch4

出だしから「みんな敏感だね~」みたいな感じで始まったので、私は「ブサイクな女は浮気されても文句を言えない」がこの日付付近の記事だと思って探し回ったのだ。

って、誰も気づかねーよ!2018年2月17日とか。1年以上前の記事じゃねーか。今頃返信してんなよ。しかも、削除してんじゃねーか!!

こちとら日課の晩酌もしないで、睡眠時間削って記事探したんだぞ、コノヤロー(怒)

はぁ、はぁ、すみません。取り乱しました。記事を書いていたら自分の攻撃性も上がってきていたみたいです。

そんなこんなでシリーズ4回目スタートです。

フリーダム嫁はマウントの取り合いがお好き?

かの作曲家の「すぎやま こういち」氏はドラゴンクエストの代表曲でもある「序曲」を5分で作り上げたそうである。もちろんただの5分ではない。すぎやま氏のこれまでの音楽人生があったればこその5分で、いわば、すぎやま氏の音楽人生+5分でできた作品なのでだ。

そして、この記事の、この見出しも考えるのに5分かかった。私のこれまでのフリーダム嫁まとめの中の記事の作成時間+5分だ。

何が言いたいかと言えば、これくらいしか、もう語ることが無いのである。

だってさ、せっかく記事を発見してみてみたら、展開が今までとまったく同じですよ?

今までの「ブサイクな女~」と「電車でぬいぐるみ」と「電車でココア」の3本に文句言ってきた人のコメントに、相手は言い返せない状態で一方的に言い返す展開ですよ。書いてある言葉の揚げ足取り気味に。

そんな内容の記事でも皆さんは読んでくれますか?あぁっ、読みたくないって声が聞こえる!!

みたいなノリのコメントに対して、フリーダム嫁がコメントしてるだけですよ?

よし、ここでグダグダ言ってもしかたない。これまでと同じような形でいってみよう。

それではまず一つ目の質問から。これまで同様箇条書きだ。

  • 可愛くなろうと頑張り過ぎて摂食障害になった。
  • 「女はかわいくあれ」とか「かわいくならなきゃいけない」とか「ブサイクは浮気されても文句言えない」とかそういう価値観を持っている人がいる と辛い。
  • 自分はショッキングな意見が後に引きやすい性質なので、思い出しては症状が悪化。吐きに行くほどでブログを読んだことを公開している。
  • 無理は承知の上だが、見た目に言及する時は細心の注意を払ってくれる世の中になって欲しい。
  • 見た目に関して軽々しく発言しないで欲しいという意見を聞いて欲しいから、意図的に論点を変えてコメントしている。
  • 事情によりタクシー代だと高額になる距離にある病院へ行くのに、電車でしか行けなかったとする。その場合でも子供が泣いたら電車から降りないといけないのか?
  • 仮に嫁が同じ状況だったら電車を降りるのか?

いろいろ言いたいことは山程あるが、まずはフリーダム嫁の回答も見ておこう。

では、ここから一つ目の質問に対して、嫁の答えです。

  • 「かわいくならなきゃいけない」=言ってない
  • 見た目だけの話じゃないじゃん、性格とかの話もあるじゃん?
  • 実際の容姿のレベルの話じゃなくて、可愛げとか愛嬌の話をしている。
  • そんな特殊なシチュエーションとか「たられば」の話はいくらでも作れる。ただの揚げ足取り。
  • 自分がその立場だったら、 途中下車することも計算に入れて、家を出る。

もう、ね、君たち喧嘩はやめなさい。言った言わないとか、「たられば」とか、論点変えたとかただの喧嘩でしかないでしょうに。前の考察でも書いたけど、精神を病んでたり疲れている人たちはフリーダム嫁観察日記を見るの止めなさい。で、フリーダム夫妻も、こういう人たちが見て同じような反応して自爆気味に苦しんでしまうんだから、ブログを書くなら書くでもう少し内容に気を配りなさい。

とくにフリーダム嫁、あなたも心を病んでる人でしょう?どうして、同じ様な病に苦しむ人たちのことがわからないの?

虐待受けて苦しんでる人とか、ブログを見てもらうことで救いたいんだよね?NHKのひるまえほっとで、そう言ってたよね?参照動画:https://youtu.be/JFfsTWcsVas?t=2102

もういい加減しないとお母さん怒るよ?オッサンだけど。

はい、じゃあ、次の質問にいこうか。二つ目の質問。

  • この記事読んで、ブスだからって親に虐待された人は死にたくなるだろう。
  • 虐待云々を語るならまず発言に気をつけるべき

アベマTVで、おぎやはぎが司会をしている『ブステレビ』っていうのがあるけど、あの番組にもこういった批判とか届いてるんだろうかと思ってしまった。

これに対する嫁の答えはこちら。

  • アドバイスをくれてるの?顔の話をしてるんじゃなくて、してるのは努力の話だけど。

ここでも、「言い方に気をつけろ」「そんなことは言ってない」のやりとりだった。

このブログに必要なのは「説明力」だと思うがいかがだろうか?随分前に電通の人だったかな、「広告は偏差値40の人にも理解できるように作るべし」っていう言葉を言ったのは。

今はネット社会で猫も杓子も自分のサイトを作ったりブログ書いたりしてるから余計にそう感じるのかもしれないけど、やっぱり最低限の説明力を持たないといけないと思う。

説明力が無い人が、良くわからない絵を書いたり、センセーショナルが体験談を出したりしてバズった結果、その作品に対して違う解釈をして苦しんでしまう人が生まれる。作品を作った人が「それは違う、そういうことじゃないんだよ」っていくら言ったところで、それを作者が説明できていないのが問題なのであり、きちんとした理解を出来ない受け手側が悪いというのは傲慢なんだよね。

ちょっと語ってしまったけど三つ目の質問です。

  • とても暴力的で攻撃的なブログの内容に驚き、ショックを受けた。
  • 人それぞれの事情も考えず、何故、無差別に残酷な言葉や価値観をぶつけてしまうのか、思いやりが持てないのか悲しくなった。
  • 目には見えない事情というものが 誰にでもある。
  • 正直な気持ちを表現するという事は自由だが、それで傷つく人がいることも知ってほしい。
  • 悩みや苦しみのコメントに時間を費やし、優しく共感しているのを見た後だったので、本当に同じ人のコメントかと目を疑った。

三つ目の質問に対する嫁の答えです。

  • 人それぞれ事情はあるのは知っている。
  • これで誰かが傷つくというのは予想外過ぎた。
  • 好きなパートナーの愚痴を言う事、その行為が悲しいなって思う 。好きで一緒になったんじゃないのかなって。

特筆すべき点が見受けられないし、今までの質問・返事の組み合わせとそんなに変わらないので、しばらく淡々とコメントと返事を流します。

四つ目の質問の箇条書き。

  • 虐待された過去を漫画で読んでブログも見に来たが、見なければ良かった。
  • ゆっくり買い物もできず、口紅一本買うのも大変。こんな環境でも努力が足りないと言われるのか?
  • 浮気されても当然だ。誰でも愛想尽きるわメガネ豚!子供だって自業自得だろ!自由が欲しけりゃ産むんじゃねえ! って言われるのかな?
  • お嫁さんの事、愛してらっしゃるから、それ以外の女性がクソにみえますか? 

四つ目の質問に対しての嫁の答えです。

  • 口紅一本も買えないの!?大変だったね。でも、別にそれで、お前が怠けてただけだろって言ってないよね?
  • ちょっと被害妄想激しいけど、あなたの旦那も十分酷い。
  • 夫を連れてこい。説教してあげる。

五つ目の質問の箇条書きです。あと少しお付き合いください。

  • 自分の妻を自慢するのはいいけど、そうじゃない女を卑下するってどうなの?
  • 自分の伴侶の文句を言うなってだけで済む話を、努力しない奴は浮気されて当然とか言うのは愚か。
  • 赤ん坊や子供は未熟だから、周りの大人が我慢するべきで、途中下車させたりする対応は間違い。
  • ファミレスは子供がワイワイ言うための場所。走り回るとか他の客に迷惑をかけなければOK。

五つ目の質問に対しての嫁の答えです。

  • 愚かですまん!
  • 赤ん坊や子供が未熟なのは分かってるけど、それを周りの大人に押し付けるのは辞めろ。
  • あなたの言ってることは、自分の子供が泣いても我慢しろって周りに言うことじゃなく、結局、謝って周りに我慢してもらうこと。
  • それを言うのであれば、あなたもあなたの考えを私に押し付けてるから、やってることは一緒。
  • ファミレスでワイワイ言うのは構わない。ただ、走り回るなと言っている。

さあ、ここまで付き合ってくれた皆さん。質問はあと二つ。

これが六つ目の質問です。

  • 自分は理由なく傷つけられて生きてきたのに、他人をあれこれ妄想で傷付けているのには鈍感

六つ目の質問に対しての嫁の答えです。

  • 妄想じゃなく、現実で起きてない?私の説明が下手過ぎるって分かったと思うけど、そういうことだから。

長かった。これが最後の質問です。と、思ったら旦那の質問があった。

嫁が休日に化粧しなくなったら浮気するかと言われて、嫁は化粧しなくても可愛いから、そういうの努力っていうんじゃない?なんて答えてますが、これは完全に喧嘩売ってるし、化粧しなくても大丈夫じゃなくて、化粧をするorしないの二者択一の質問に、なぜ別の答え方をするのだろうか。

あなたの嫁と読者のコメントのやりとりを整理するだけでお腹がいっぱいになってきたのに、これ以上、疲れさせないで欲しい。

気を取り直して七つ目の質問です。

  • 虐待漫画で感動してブログを見に来たのに、ガッカリです。
  • 個人の感想としてですが、子育ても家事も頑張っている一般的な女性への精神攻撃としか感じられない 。
  • こんな厳しい目で同じ女性から見られていると思うと悲しい 。
  • 「子育てしている母親はこうあるべき」を、子育てを経験したことの無い人間が語るので的はずれなものが多い 。
  • 自分が子供を持ったら、私たちが言ってることもわかるはず。
  • お二人の幸せな生活が続いて欲しい。

さて、ラスト、七つ目の質問に嫁はどう答えるのか?

これが嫁の答えです。

  • 「子育てしている母はこうあるべき」なんて言ってないことを言わないで。捏造もやめなさい。
  • この記事に関してすごく傷ついてしまった人には申し訳ないと思う。
  • 怠ける事が悪いことではないし、怠けたければ怠ければいい。
  • 子供を抱えて大変だとは思うし、お母さんってだけで凄いと思う。

フリーダム嫁の攻撃性についての総括

皆さん、お疲れさまでした。ここまで、非常に見ていて疲れるコメントと返事のやり取りだったと思います。

ぶっちゃけ、女同士のマウントの取り合いじゃないですかね?もう何回書いたかわかりませんが、「言った、言ってない」論争、「お前が言うな」論争、「論点ずらし」論争の三点セットじゃん。

某ロボットアニメW風に言うならこの世は「革命」「戦争」「平和」のワルツみたいなものって感じではないかと思えてしまうくらいに、同じことの繰り返しだったと思う。

フリーダム嫁も攻撃的だけど、コメントしてる人も大分攻撃的な感じを受けた。

こんな状態だから、精神的に病んでたり疲れたりしている人はフリーダム嫁観察日記を見るのはやめなさい。フリーダム夫妻も、そういった人たちが見てるのはコメントのやり取りして分かってるんだから、少しは内容を考えなさいと言いたい。

もう、何度も言っているが何度でも言わせてもらおう。

ほら、子育てで忙しい人もさ、こんなブログ見てもいいことなんかなにもないって。勝手に見て、勝手にショック受けて、勝手に病むだけでしょう?

同じ虐待サバイバーとして、少しでも希望を持ちたくて見に来た?どう?希望なんかあった?

この夫妻は何もしてくれないのは、いつもフリーダム嫁観察日記を見ていればわかると思う。というか、このフリーダム嫁まとめを見てくれているならわかると思う。

シリーズ何回目かの時に誰かが言ってたね。

追い込まれている時ほど、自分を否定するものに縋ってしまうと。

それって、もう一種の洗脳状態だから、早めに心療内科に行ったほうがいいと思う。騙されたと思って行って欲しい。

それでは、長々と続けてきたこのシリーズ。

最後に残された嫁のコメントについて語って終わりたいと思います。

「男ってさ、女がどれだけ頑張っても浮気するじゃん。だから、自分の非になりそうなとこは全部埋めてから、あんたが浮気していいと思ってんの?ってやって欲しいだけ。ごめんね、説明が下手で」

要約するとこんな感じだろうか。

そう、フリーダム嫁本人は分かっている。自分の説明は下手だと。旦那の方は分かっているのかどうか知らないが。

フリーダム嫁の攻撃性は、説明下手な作品を読ませることで、読者に間違った解釈をさせ、それに対して「分かってない」と条件反射的に起こってしまう対応に起因しているのだろう結論にしたいのだが、いかがだろうか。

本人が説明下手だと言っている文章を読んで、他人が足りない部分を補完して解釈しているんだから、お互いに正しい意思の疎通ができるわけがない。

だから、虐待漫画読んで感動したかもしれないけど、ブログまでは正直見ないほうがいい。

浅い感動ポルノで感動気分を味わいたいなら小学生編だけをループして読むことをお勧めする。もちろん漫画だけね。

それでは、また別の記事で会いましょう。

タイトルとURLをコピーしました