身バレに怯えつつNHKに出演(ひるまえほっと)

2019年8月1日NHKひるまえほっとに『声をあげはじめた虐待サバイバー』その中でフォロワー三万人以上ネットで注目を集めている漫画として紹介される。

それまで頑なに身バレを恐れていたが何故NHKのテレビ出演をしたのか?
出演することが身バレに繋がるのではないか?にしこくん事件の時とは一転したフリーダム嫁の言動をまとめました。

ひるまえほっと出演書き起こし

ナレーション(以下ナ):
少しずつ声を上げ始めている虐待サバイバー今インターネット上にも投稿が増えています。その中でフォロワー3万人以上とを集めているのがペンネーム嫁ちゃん旦那さんが描いたマンガです。かかれているのは6歳から16歳までに嫁ちゃんが父親から受けた暴力や性的虐待床にぶちまけられたラーメンが食事だったことや日常的に暴力を振るわれていたことなどです。嫁ちゃんが文章を書き旦那さんがイラストにして発信しています。自分の体験を公開することで同じ苦しみを抱える人の力になればと考えています。

嫁:虐待されてその亡くなられた方が報道されるだけであって虐待されているだけじゃ報道ってほぼされないじゃないですか、だからやっぱ亡くなってからじゃ遅いなって私は思うので、亡くなる前にみんなできれば行動してほしいなって思って。

ナ: 嫁ちゃんはふとした瞬間に当時の様子が頭の中で繰り返されるフラッシュバックが起きるため現在も精神科に通院しています。ブログではそうした虐待の後遺症に悩む日常も紹介。さらに今ようやく夫や愛犬と一緒に幸せを感じられるようになってきたということも報告しています。

嫁:虐待を受けている最中の子であったりとか虐待を受けていた人、自分って幸せになれないんじゃないかみたいなその呪縛みたいなものがあるんですけど、それから脱却するまでにこういう苦難があってこういう苦難があってこういうことがあって私は今幸せなんだよっていうのを書いていきたいなと思って。

ナ:当初妻の後遺症が悪化するのではないかとマンガの公開を反対していた夫も今では応援しています。

旦那:何度も確認はしたんですけど、その自分の嫁の過去を公表することで救われる人がいるなら書きたいという思いに嫁がなってたんで、それならという感じ嫁の意思をこう汲み取ったというか。

ナ:ブログには今虐待の後遺症で苦しんでいる人からの相談も寄せられるようになっています。
「私も虐待された過去がありますフラッシュバックした時どうしていますか」
嫁ちゃんの返信は
「あなたが見ているフラッシュバックは過去だから現在ではないから」虐待を受けた経験を自分たちはきっと乗り越えられると返しました。

嫁:自分が戦ったことをそのままマンガにしていて、それを評価してくれる人がたくさんいて、えらいよ頑張ったよと言ってくれて、あ私、頑張っていたんだよかったと思って、自分で自分のことを否定するのを少しずつやめられるようにはなりましたね。
みんなで一緒に闘いたいというか虐待を受けてずっとそれをひた隠しにしているのってもやもやみたいなものが多分残ると思うんですよ、どこに吐き出せばいいのみたいな感じになった時にたまたま私たちを見つけて発散してくれたらその吐き出してくれたらそれはとてもうれしいことですね。

-番組55分内、約6分の出演であったが、顔にだけ漫画のキャラを被せ、体型や声などにモザイク処理はない。
身バレの恐怖を訴えていた割には特定されかねない、簡素な対策だった。

ひるまえほっと(東京G1) 2019年08月01日(木)

同日 Togetterにまとめられる

にしこくんのTogetter同様、8月2日に謎の非公開設定に。
作成者が非公開にしたものではなく、外部から非公開にするよう申請があったと考えらます。

以下Togetter内容抜粋

身バレが怖いのにTV出演?

にしこくんに追いかけられトラウマになった」という記事で夫婦の主張が虚偽ではないか?と問題になりました。詳細は以下まとめを御覧ください。

漫画の矛盾・問題点

フリーダム嫁、あの内容の虐待で接見禁止やら手紙の通信制限つかない方が不自然だし、児童買春で警察が介入しないのも不自然
これ信じてるアホも含めて、真面目に働いている児相や保護所職員さんの風評被害だからまじ胸糞極まりない。

Twitter

もっと裏付け取ってから放送しろNHK。
取材かまけてなにが国営放送だ?
ブログを真面目に読めば矛盾点ばかりだろう

Togetter

虐待漫画について丁寧な口調で質問してきた人達をこの夫婦はすべてアンチだと一括りにし矛盾点をなぁなぁにしています。
仕舞いには被虐待児であるフリーダム嫁はこともあろうか質問してきた人へ「虐待されたかったのかな?」との発言がありました。
この発言を持って漫画の内容を信じられますか?

Twitter

こちらの方もフリーダム嫁が仕事先で知った顧客情報を漏洩されている記事について苦言 を呈しています。 ですがフリーダム旦那の返答は無言のブロック

Twitter

何度も「虐待してきた親にバレるから詮索するな」と発言してきたのに
・音声、全身にモザイクをかけず
・お昼時の全国放送のNHKで
テレビ出演することが最大の矛盾点です。

Twitter

「NHKが嫌い」という記事も…

NHKひるまえほっとの虐待サバイバー特集に出演したフリーダム嫁と旦那

しかし過去にブログでNHKは嫌い!と発言していた

(ブログ魚拓)megalodon.jp/2019-0705-0600…

Twitter

バズったからといってなんでも取り上げりゃいいってもんじゃないでしょ。
虐待内容の真偽は確認しようがないけど、たくさんの人が疑問を感じて質問したらアンチだと騒ぎ攻撃し、精神薬を飲みながら不愉快なキャスをし、アマリスで物品を強請り、そういった振る舞いを嫌悪する人は大勢いる。

Twitter

フリーダム嫁…本当に身バレが怖いならまずテレビ取材受けないし受けたとしても部屋・全身にモザイクでボイスチェンジでしょう
虐待という内容なのに自作イラスト顔伏せとか、イラストレーターの職場レポじゃないんだから

Twitter

フリーダム嫁夫妻のような信憑性のかなり疑わしい事例を、カムアウトする虐待被害者の代 表のように扱う事は、他の被害者や社会にとっての害悪にしかならないと思う。 NHKの他の取材でも十分な精査が行われているのか不安になる番組だった。

Twitter

児相に保護されたにも関わらず、未だに家の人の影に怯え、警察や公的機関は信用でき
ない為接見禁止などの方策も取らず、精神疾患を抱え経済的にも困窮している
、のが現在のフリーダム嫁の状況。
今虐待を受けている子が見たらどう思うんだろうか。

Twitter

虐待漫画が全て嘘だとは思っていない。 しかし実録と言うにはあまりにも矛盾点が多くそれへの指摘は無かったことにされた。

元被虐待児としてTVで声をあげることは勇気ある行動だ。今この時を虐待で苦しんでいる人 達が視聴することによって勇気を与えるだろう。

しかし現在の夫婦の状況はどうだ?

Twitter

今も虐待によるPTSDで苦しんでいて、虐待した義父はしょっぴかれもせず健在。事情を 全部把握しているネットに強い弟も居る、たから身バレが怖い!!

けど全国放送にでたよ!ってギャグかw

Twitter

夫婦によるNHK出演の事前告知は一切なく、事後のみだった

NHK出演後、身バレを恐れつつ出演した嫁

放送後のキャスにて「TV出演で虐待親にバレてしまうのではないか?」という心配の声も多く上がったが

嫁:イエノヒト(養父)はNHKは見ないから

と、NHKへの出演で養父に所在を見つけられる心配はないということを語りファンを安心させていた。しかし昼間は玄関を開放しご近所が勝手に家に入っこれるという密な付き合いも有る田舎であると、過去のブログで嫁が発言をしている。

・玄関のカギは開けっ放し

旦那「これは泥棒がこないからですね」
嫁「近所の人が入れるように。」
旦那「えっ!?」
嫁「お願いしたりするの。悪いんだけど○○しといてとか。ガスの元栓忘れたかもしれないから見といてくれない?とか。玄関閉まってたら入れないじゃん。」
旦那「盗まれる心配とかは?」
嫁「盗まれるもんないし、盗んだとしてもバレるから。お隣さんとかも見てるし。」
旦那「お隣さんって、普通に家の中とか見れるの?」
嫁「障害物がなにもないから、田んぼしかないから家に誰が入ったとかすぐにわかる」
旦那「へーーー!!!」

2016年11月21日 田舎あるある!フリーダム嫁の地元事情!http://bit.ly/2qbRWmS
田舎あるある!フリーダム嫁の地元事情! : フリーダム嫁の観察記録!
旦那です。 seesaaブログのカスタマイズに奮闘しています。 全然わからない…難しい。 少しは読みやすくなったでしょうか。   今日はなんだっけ フリーダム嫁の…  フリーダム嫁の地元事情!! そう!それ!  嫁の地元は田舎なのですが、田

養父自身は見ていなかったとしても御近所のお年寄りは見ている可能性がかなり高い。
虐待が長く続けられた一端として養父の『外面の良さ』を嫁は何度も語っていた。それに騙された御近所のお年寄りが養父に情報を与える可能性が高いのではないかとこちらが心配になってしまうほどである。

現在逃亡中であり、見つかればメンタル崩壊、その上キャスでは養父に見つかったら何をされるかわからないと怯えたいた事もある。こんなにも本人が怯えているサバイバーへの NHKの配慮、配偶者である旦那の浅薄さが浮き彫りになった。

記事内引用出典

フリーダム嫁の観察記録 Powered by ライブドアブログ
『田舎あるある!フリーダム嫁の地元事情!』
NHK『ひるまえほっと』

Togetter
虐待漫画の「フリーダム嫁」夫婦、NHKのTV番組 「ひるまえほっと」に出演
Twitter

タイトルとURLをコピーしました